www.happy-crew.com

ストレスを感じたときは腹式呼吸をしています。 ストレスを感じたり緊張しているとき、呼吸が浅く早くなっていませんか。呼吸と感情は関係しています。腹式呼吸をすることで気持ちを落ち着かせて、ストレスを和らげることができます。 腹式呼吸は横隔膜を大きく動かすことが特徴です。息を吸ったときは横隔膜が肺に押し下げられてお腹が膨らみ、息を吐いたときはお腹がへこみます。 呼吸するときに働く筋肉と自律神経を調整している部分に関連があります。大きく横隔膜を動かす腹式呼吸をすると、自律神経のバランスが整い、リラックスしているときに活発に働く副交感神経が優位になります。 パソコンをしていると無意識のうちに呼吸が浅くなっています。そんなときに腹式呼吸をしてリラックスしています。急いでいるときも呼吸が浅くなりがちなので、意識して呼吸を整え落ち着いています。 感情をコントロールするのは難しいけど呼吸はコントロールできます。呼吸をコントロールすることで感情を整えストレス解消になります。